従業員の管理監督者性をチェック
未払残業代をなくすために
管理監督者性チェックサービス
お気軽に相談ください
管理職?

「管理職」は本当に管理監督者?

 

「この人は課長だから、残業代は払っていません」

 

「部長だけど、朝はちゃんと決まった時間に出勤してね」

 

「深夜残業代も部長には払っていませんよ」

いわゆる管理監督者には、時間外割増賃金・休

日割増賃金を支払う必要がありません。しかし、管理監督者といえども深夜割増賃金は支払う必要があります。また、そもそも管理監督者として、法律で決められた条件を満たさなければ扱うことはできず、肩書は本来関係ありません。

 

当所では、どんな従業員なら管理監督者になれるか、どうすれば管理監督者として扱えるようになるか、コンサルティングをいたします。

 

管理監督者として認められない可能性があります

 

例1

肩書は部長、部下が存在し年収は600万円だが出退勤の自由がなく、定時に出勤しない場合は賃金について遅刻控除をされてしまう。

 

例2

肩書は部長、年収は700万円だが部下と年収差があまりなく、採用権限や人事考課権限が与えられていない。

 

例3

肩書は支店長、出退勤は本来自由なはずだが業務量が非常に多く事実上朝から深夜まで毎日仕事をやらざるを得ず、年収は600万円程度で部下との年収差があまりない。

賃金試算
未払残業代が不安な方はお気軽に相談を
基本資料とヒアリングで、未払残業代の有無も確認いたします
Point
1

労務デューデリジェンスの豊富な経験

 

当所は、M&Aの際に行われる労務デューデリジェンスの経験が豊富にあり、様々な規模・業種の事業者様の人事労務体制をチェックし、改善策を提案してきました。

Point
2

労務専門の弁護士による正確な検討

労務問題を専門に取り扱ってきた弁護士が、経験に裏打ちされた丁寧な判断を下します。

Point
3

未払残業代の試算も

労務デューデリジェンスの経験から、最大で発生し得る貴社の未払残業代を正確に試算いたします。

料金体系


管理監督者性レポート

対象従業員1名あたり33,000円(税込)を頂戴いたします。

 

未払残業代試算サービス

従業員1名当たり22,000円(税込)を頂戴いたします。

 

労務管理点検

貴社労務管理制度全体の問題点及び改善方法についてチェックをいたします。1社あたり、440,000円(税込)からご相談を承ります。

 

担当弁護士

広告対応経験豊富な以下の弁護士で主に対応をさせていただきます。

担当弁護士のプロフィールはこちら

・代表弁護士 矢吹邦太郎

・弁護士 服部浩司

・弁護士 松下朋弘

・弁護士 伊藤麟太郎

お気軽にお電話でご連絡ください
00-0000-0000 00-0000-0000
受付時間:10:00~19:00
(最終受付20:00)
Access

ご相談時には予約が必須になりますのでお悩みがあればまずはお問い合わせください

概要

店舗名 ユニヴィス法律事務所
住所 105-0001
東京都港区虎ノ門3-8-8 NTT虎ノ門ビル6F
電話番号 03-6459-0142
営業時間 10:00 - 18:00
定休日 無休

アクセス

一人ひとりのお悩みに向き合って対応するために、ご相談いただく際には予約が必須になりますので、電話かメール、ホームよりお問い合わせください。地域で培ってきた信頼と実績を基に、法務の視点からビジネスをサポートしております。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事